ゼロから始めるBVE5(8)~他線の設定 2(自線がS字)~

| コメント(0)

今回は自線が緩和曲線を含むS字曲線の場合の他線の敷き方です。
サンプルとなる場所は新前橋-群馬総社間の群馬総社変電所付近です。
この少し北側に橋梁があるため、複線間隔が広がっています。
9008a.jpg
9008b.gif

S字カーブ途中の直線区間に勾配変化点がありますが、変化後の10‰は1km以上続きます。
駅間で1km隔てた2点間の最急勾配を標準勾配と呼びますが、八木原-渋川間を除けば
水上まで標準勾配10‰が連続するので、山岳路線の序章とでも呼べるような場所です。

この設定はシリーズ6回目で計算表を作っておいてので線形自体の計算はしなくても済みます。
(今回の計算用に前回の計算表に修正を加えました)

S字カーブの1つ目のカーブから2つ目のカーブ手前までは
計算表にTCL1=35、TCL2=35、CCL=21、R=1600、BTC=85391の値を入れれば計算されます。

S字カーブの2つ目のカーブは水上方から考えれば考えやすくなります。
9008c.gif
点対称な線形なので当然ですが、高崎方から見る1つ目のカーブと
水上方から見る2つ目のカーブは全く同じ線形であることが分かります。
違うのは青線(上り線)の位置。高崎方から見ると右に3.8mですが、
水上方から見ると左に位置しています。

この「左にどれだけ?」が分かれば良いので、以下のように計算します。
高崎方から見た1つ目のカーブのBTCからx[m]のd[m]は計算表から容易に求められます。
この値が水上方から見た1つ目のカーブの「ETC」から(L-x)[m]のd[m]と
なるような値を求めれば、それが「左にどれだけ?」の値となります。
数字入れて計算結果を見る、でもできますが、ソルバーを使ったほうが早いでしょう。

というわけでこうして求めた軌道間隔を設定した構文と仕上がり具合です。


85200;Gradient.BeginConst(0);//仮設
85220;Gradient.BeginConst(6.7);//仮設

85300;Track[1].Position(3.8, 0);
Repeater[Rail-01].Begin0(1, 3, 5, 5, Rail-100);

85391;Curve.BeginTransition();
85395;Track[1].Position(3.8, 0);
85400;Track[1].Position(3.8007, 0);
85405;Track[1].Position(3.8038, 0);
85410;Track[1].Position(3.8124, 0);
85415;Track[1].Position(3.8299, 0);
85420;Track[1].Position(3.8594, 0);
85425;Track[1].Position(3.9034, 0);
85426;Curve.BeginCircular(-1600, -0.025);
85430;Track[1].Position(3.9630, 0);
85435;Track[1].Position(4.0382, 0);
85440;Track[1].Position(4.1290, 0);
85445;Track[1].Position(4.2356, 0);
85447;Curve.BeginTransition();
85450;Track[1].Position(4.3578, 0);
85455;Track[1].Position(4.4953, 0);
85460;Track[1].Position(4.6463, 0);
85465;Track[1].Position(4.8082, 0);
85470;Track[1].Position(4.9774, 0);
85475;Track[1].Position(5.1507, 0);
85480;Track[1].Position(5.3256, 0);
85482;Curve.End();
85485;Track[1].Position(5.5006, 0);
//ここから一定の割合で軌道間隔広がる

85500;Gradient.BeginTransition();
85505;//勾配標+6.7→+10.0
85510;Gradient.BeginConst(10.0);
Track[1].Position(6.3756, 0);
85511;Curve.BeginTransition();
85515;Track[1].Position(6.5507, 0);
85520;Track[1].Position(6.7250, 0);
85525;Track[1].Position(6.8968, 0);
85530;Track[1].Position(7.0629, 0);
85535;Track[1].Position(7.2200, 0);
85540;Track[1].Position(7.3650, 0);
85545;Track[1].Position(7.4956, 0);
85546;Curve.BeginCircular(1600, 0.015);
85550;Track[1].Position(7.6107, 0);
85555;Track[1].Position(7.7102, 0);
85560;Track[1].Position(7.7942, 0);
85565;Track[1].Position(7.8626, 0);
85567;Curve.BeginTransition();
85570;Track[1].Position(7.9155, 0);
85575;Track[1].Position(7.9532, 0);
85580;Track[1].Position(7.9774, 0);
85585;Track[1].Position(7.9909, 0);
85590;Track[1].Position(7.9969, 0);
85595;Track[1].Position(7.9987, 0);
85600;Track[1].Position(7.9990, 0);
85602;Curve.End();
85605;Track[1].Position(7.9990, 0);
85800;Track[1].Position(7.9990, 0);
Repeater[Rail-01].End();//仮設

85820;Gradient.BeginConst(10.0);//仮設
85840;Gradient.BeginConst(0);//仮設

9008d.jpg
美しいですね~

次回は今回と逆で他線にS字ある場合を考えます。



8回までのマップファイル全文です。

9773M-map.txt
 →9773M-map(8).txt

structures.txt

bvets structure list 0.02
Rail-100,structures\ballast-5.x

stations.txt

bvets station list 1.01
sta701,高  崎,,,,,0,,0,,,0,0
sta702,高崎問屋,,,,,0,,0,,,0,0
sta703,井  野,,,,,0,,0,,,0,0
sta704,新 前 橋,,,,,0,,0,,,0,0
sta705,群馬総社,,,,,0,,0,,,0,0
sta706,八 木 原,,,,,0,,0,,,0,0
sta707,渋  川,,,,,0,,0,,,0,0

ファイル構成
9003b.gif

コメントする

カテゴリ

  • 公開•更新
  • 製作中
  • 取材
  • 雑記
  • BVE5 (14)

アーカイブ

Twitter

連絡先

  • E-mail

    • 迷惑メール振分け防止のため、件名に「BVE」を入れてください